塗装工程
塗装工程です。
職人がプライドをかけた100%安心安全の塗装工事を目指しています。
塗装は、「色付け塗装」と「防水塗装」に分かれますが、弊社では安心安全な「防水塗装」のみ承っております。

塗装工事を始める前に、弊社より粗品を持参し、一軒一軒直接ご挨拶をさせて頂きます。

※ご近所の方にご納得して戴くことにより、工事中の近隣トラブルを未然に防ぎます。

お家の周り(塗装をする所)に、足場を設置します。

施工中の塗料が近隣に飛散しないようにネットを張ります。

高圧洗浄をかけます。

※汚れたまま塗装“上塗り”をすると、数年後に剥がれて防水効果がゼロになります。

ケレン作業。剥がれかけた塗装を剥がします。

※剥がれかけた塗装を放置したまま塗装(上塗り)は防水効果がゼロになります。

劣化したコーキングを剥がします。

※劣化したコーキングの上から塗装をしたら防水効果がゼロになります。

クラック補修、目地ウレタンコーキング補修をします。

※ゴムのように弾力性があり耐久性のある物を使用します。

窓や設備に塗料がかからないように養生をします。

塗料が付かないようにしっかりガードをします。

塗料はメーカーの規定通りに使用します。

例1)シリコン塗料 外壁の場合:0〜8%希釈。/例2)塗料の標準:1缶15L 約60〜70

ポイント1

シーラー塗りです。ローラーによる手塗になります。(手作業/基本的に“吹き付け”はしません。)

※シーラーとは均一に“ムラの無い”塗装をするための“接着剤”のような塗料です。

※シーラーレス塗料の場合は使用しません。(シーラーレス塗料とはシーラーのいらない塗料です。)

※シーラー塗りをしないと、1〜2年後に塗装が剥がれて、防水効果がゼロになります。

※『吹き付け』をしないのは、塗料の飛散防止はもちろんですが、細かい所や狭い所などは、手塗りの方が

  断然丁寧に塗ることができるからです。

お客様がご依頼された商品で『違う色』を塗ります。(仕上げ塗りの時に識別できるようにあえて違う色を塗ります。)

※特殊な(石などが入っている)塗料以外は、防水性を高めるためローラーによる手塗りで均一に仕上げます。

※『吹き付け』をしないのは、塗料の飛散防止はもちろんですが、細かい所や狭い所などは、手塗の方が

  断然丁寧に塗ることができるからです。

お客様がご依頼された(商品)色を塗ります。(中塗りの色を変えているので確実に仕上げることができます。)

※特殊な(石などが入っている)塗料以外は、全てローラーによる手塗です。

※防水性能を高めるためには均一に塗る必要があるため、ローラーで塗ります。(手塗り)

※『吹き付け』をしないのは、塗料の飛散防止はもちろんですが、細かい所や狭い所などは、手塗の方が

  断然丁寧に塗ることができるからです。

ポイント2

最終確認をします。お客様・職人・営業担当者が細かくチェックをします。

(全員が納得いくまで施工は完了しません。)

ネット及び足場を撤去します。(施工検査が完了してから足場を撤去します。)

ポイント3 お任せ下さい

ページトップへ戻る